プログラマーヨシオのソロライフ

都会で社会の荒波に揉まれながら一人暮らしをする男の雑記です。

IT転職活動レポート③ ~僕がIT企業の面接で必ず聞いた質問~


engineeraquo.hatenablog.com

 

②の続きです。

 今回は僕が面接の場で面接官に必ず聞いた質問を紹介します。

 IT企業の面接を受けようという人の参考になれば幸いです。

 

 

 

①資格をどの位重視しているか(評価制度について)

 

今の会社もなのですが、実績<資格を重視する会社があります。どれだけ実績を積んで貢献しても資格がなければ給料が上がらない場合があります。僕は資格に関しては個人が好きに取るもので強制されるものではないと思っています。(資格があるからと言って仕事が出来るとは限りません。しかし、資格が評価されるべきではないとは思っていません。)

 

個人的には、資格の勉強より使える技術の勉強をしたいと考えており、評価を資格に比重を置いている会社とは合わないと考え、毎回質問をしていました。

 

個人的な印象ですが、人売系の会社だと資格を重視しているパターンが多いかと思います。

 

②平均残業時間

 

求人票に平均残業時間を記載していない企業に質問します。

流石にストレートに『平均残業時間はどのくらいですか』とは聞きません。『業務とは別に自主学習の時間が欲しいと考えており、御社の平均残業時間についてお聞きしたいです。』と聞いていました。業務外での成長意欲をアピールして不快感を軽減します。(ちなみに業務外の自主学習の時間が欲しいは本音です。)

 

この質問は実は会社が残業時間についてどういう考えを持っているかを知るための質問でもあったりします。例えば残業時間が40時間というのをどう会社が評価しているか知れるのは大きいです。ちなみに僕は40時間は多いと思います。面接官が40時間は大した事無いとか言い出したら辞退します。

 

 

③常駐系なら勤務地について

 

勤務地って重要ですよね。家から近いとその分自由に使える時間が増えます。電車に乗ってる時間って基本的に無駄ですよね。勤務地の希望が通らない会社は辞めた方が良いです。

 

④年齢層の分布

 

20代と40代に偏っている会社はマズイです。僕がとある会社の面接で質問した時、ロングテール型の分布だと言った癖に『資料があるので社員の年齢を教えます。23、43、・・・・』とかってズラーッと言われたのですが、30代めっちゃ少なかったです。聞いてみるもんだなぁと。

 

⑤聞けそうなら会社のビジョンとか

 

たまに突拍子もない事を言う会社が居ます。僕の今の会社です。5年で社員の数を倍にするとか上場するとか言います。ちなみに言ってから2年過ぎましたが、社員の数は変わってません。ビジョンの説明を受けたらどのような手段で実現に向かっているのかを聞きましょう。

 

⑥勉強会の内容

 

大抵どこのIT企業もやってる勉強会ですが、内容をきちんと聞きましょう。あと実績。勉強会やってもそれ仕事に生かされないと意味ないですからね。。

 

⑦聞けそうなら男女比

 

男女比って割と重要だったりします。下心とかそういうの抜きで大体男女比7:3位が良いかと。女性がそれより多い分には良いかもですが。。

女性が極端に少ないところって相当キツくて辞めてるパターンが多いです。(僕の会社では若手女性の退職率めっちゃ多いです。)

 

www.huffingtonpost.jp

 

上の記事によると、女性って男性より職場環境重視していますね。女性が極端に少ないのは環境が相当悪いと見て間違いないでしょう。

 

 

大体以上です。参考になったでしょうか?

 

誰かの転職の役に立てたら嬉しいです。