プログラマーヨシオのソロライフ

都会で社会の荒波に揉まれながら一人暮らしをする男の雑記です。

中小企業だけ残業時間の上限規制から外されようとしている件

headlines.yahoo.co.jp


これ以上ブラック企業増やしてどうする。


IT業界だと今まで以上に下請けにしわ寄せがどっと来そうな感じ。

中小企業の割合って99.7%なのに何故0.3%のみを優遇するのだろうか。

大企業の社員にしか人権を与えないと言っているようなもんです。


が理由らしいです。


ぶっちゃけ残業させまくらないとやってけないような会社なんて潰れた方が世のため人の為のような気もしますが....


仮に大企業のみ残業時間の規制を設けたら、『大企業はホワイトで中小はブラック』という認識が労働者の中で広まり、中小企業に入ろうとする人が減ることになると思う。


結局人手不足で潰れるんじゃないですかね?


繁忙期のみは除外するべきと呟いているが、繁忙期なんて企業によりけりだし、『年中繁忙期の所ってどないすんねん。』という。(年中繁忙期の企業あるか分かりませんが。)


そもそも繁忙期って何を元に繁忙期と言っているのでしょうか。

企業が繁忙期と言えば繁忙期なのでしょうか。

だったら年中繁忙期の会社が増えますね!


中小企業を守るのは良いのですが、もっと別にいい方法があるのではないでしょうか。

税金下げるとか支援金出すとか。


でももしかしたら残業規制を撤廃される事でいい気になってこき使いまくる中小企業から残業少ない全うな中小企業に転職するよう仕向ける作戦なのかもしれない。

雇用の流動性が高まり、ブラック企業は淘汰されていく・・・


そんなわけないですね。


回りくどすぎるわ。

そもそも中小ってそもそも大量雇用出来ませんし、ブラック企業から大量に人が流れたら数少ないマトモな企業が難民の受け皿になるなんて不可能なんじゃないですかね。


ぶっちゃけ

企業よりも労働者守ってくれ

野党も森友なんかよりこっちの問題に声を上げてくれると嬉しいのですが.....